1. TOPページ
  2. 広告
  3. 新聞広告
新聞広告の魅力をご紹介

◎ 新聞は信頼性のある究極のメディアです。

信頼性といえば新聞に勝るメディアはありません。
「活字」による不動不変の情報ゆえに、誰もが信用・安心できるのでしょう。

制作・代理店サイドの何重ものチェックの後、新聞社のさらなる厳しいチェックをクリアした記事・広告だけが掲載されることを考えると野菜に例えるなら「無農薬野菜」とでも言えるのではないでしょうか。

自分にとって大変重要な情報をネットやテレビで入手した時は、やっぱり新聞の活字を読んで、再確認したくなりますよね。
今やネット時代と言いつつも、小学校の授業では新聞の活用についてのカリキュラムがあるそうです。

◎ 地域に密着した情報発信のメリットがあります。

新聞は、地域情報の宝庫です。貴社のアピールしたいことが日本中を対象にするより、地元地域の皆さんにアピールする方が効果的なケースなら、新聞は最高のツールです。
「遠くの親戚より近くの他人」ではないですが、貴社のお客さまにとって、近いことが最大のメリットかも!!

◎ インパクトのある広告を廣和がご提案します!

新聞に広告を掲載するならデザイン・サイズ・色数・企画・掲載日・費用など検討が必要です。
岐阜新聞、中日新聞、朝日新聞、その他の新聞の中からお客さまのご要望に添った費用対効果の高い新聞広告を提案させていただきます。

【岐阜新聞への広告掲載ガイド】

岐阜新聞の広告種類。朝刊1面、TV面、社会面

1 題字下

岐阜新聞の題字の下に毎日1社のみ掲載される貴重な広告です。主に企業広告に活用されており、企業・商品ブランドを高めるのに最も適しています。

2 記事中

記事の中に掲載される広告枠で、記事を読む際に読者の目に留まりやすく、小さくとも注目度は抜群です。

3 突出し

雑報としては大きな枠でカラー掲載も多く、使い勝手のいい広告枠です。紙面の端に掲載されるため切り取りやすく、クーポン広告としても多く活用されています。

4 タワー広告(TV面)

老若男女を問わず注目度が高く、1日に何度も読まれるTV番組表で、思わず目が行く細長い広告スペースです。

5 天気図下

天気図の下に掲載される広告枠で、県内エリア別の天気予報は朝必ず確認する読者が多いです。

6 まんが下(社会面)

毎日心待ちに楽しみにしている読者が多い「4コマまんが」の下という特性を活かして、シリーズ広告やカウントダウン広告にも利用されています。

7 突出し(社会面)

記事の中に掲載される広告枠で、記事を読む際に読者の目に留まりやすく、小さくとも注目度は抜群です。

8 題字下(県内版)

多くの読者が閲読する、県内ニュース面のタイトル下に掲載される、やや大きめの広告スペースです。

9 題字下(地方版)

岐阜・西濃・中濃・東濃・飛騨の版ごとに、最も身近なニュースが掲載されることから、多くの読者が目を通す面です。版ごとに広告を切り替えることから、エリアを絞ったブランディングの展開が可能となります。

10 題字横(夕刊1面)

題字の横に毎日1社だけ掲載とれる貴重な広告枠ですが、朝刊に比べて安価に利用ができます。

岐阜新聞の広告の種類。県内版、地方版、夕刊1面

 私たちの携わる新聞の中で一番扱いが多いのがいわゆる“地方紙”です。
 ITで時代の寵児と言われていたある方がこんなことを言っていました。

 「いちばん有力なのは地方紙だと思っています。地方紙はソーシャルメディア的なところがあります。
  ある地方新聞社の方に聞いたのですが、とにかく地域の読者を3回は紙面に登場させるんだと。生まれた時と、入学した時と、死んだ時。それが地方紙はできるから強い。地方のニュースはウェブメディアにはあまり載らないので、そこも地方紙は強い。」
 IT業界にいてグローバルな発想をし続けながら、地方紙を有力なメディアだと認識しているとは少し意外な発言です。
 確かに、どれだけWEB上から世界中の情報を得ようとも、一番欲しい情報は、自分が住んでいる地域の情報です。ですから、地域密着の記事や広告が載る新聞は、私たちの生活において、なくてはならない情報源だと私は思います。

 皆さん、新聞をそして新聞広告を有効的にご活用ください。
 もちろん、岐阜新聞正規代理店の廣和(こうわ)は、地方紙だけでなく全国紙も広告の扱いができますので、お気軽にお問合せください。

印刷物や広告・CMに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからどうぞ!!

PAGE TOP